水の滴る洗面所

夜な昼な、洗面所から聞こえる、かすかな音。ポタ…ポタ…ポタ…

「洗面台の蛇口から雫が漏れてるー!」

かれこれもう半年ぐらい見なかったことにしていた。

ある時「どんくらい漏れてるかな?一晩でペット500ぐらいかなぁ?」と
2リットルのペットを蛇口に置いて一晩おいておいたら、一晩で満杯になった(ヾノ・∀・`)ナイナイ
これ一日だと、6リットルぐらい漏れてんじゃね?

「まずい…」水道代的にも、エコ的にも。。
「なんとかしないと」

色々調べて、内部のカートリッジを交換すると直るっぽい。
71MXuHtR+tL._SL1200_.jpg
業者呼ぶと高っかいしね。
試しにレバーのキャップを開けようとしたら、なかなか開かない。
水のカルシウム?が蓋の隙間で固まって固着してる。細いドライバーでこじ開けようとしたが全く歯が立たない。

デザインカッターを隙間に差し込んでみるとなんとか先がキャップの隙間に入り込んだ。
そのまま一周すると徐々にキャプが浮いてきた。「これは行ける!」

固着は剥がれ、なんとかキャップを外せた。

中のネジを外すとカートリッジが見えた。なんとか交換できそうだな。
カートリッジをはめ込んでるカバーは3センチ強ぐらいのレンチが必要だ。
幸いうちにはまぁまぁ大きなモンキーレンチがある(バイク整備用)。
回してみると、水栓本体(土台)も一緒に回ってしまう。(ここでYouTube先生にすがる)
どうやらカートリッジ外し工具(写真二枚目)というのが必要らしい(これがないとカートリッジカバーを回そうとしても、土台ごと回ってしまうのだ)。
でもこの形どっかで見たことある。
61ywcSUs4AL._SL1200_.jpg

バイク工具のダンパー回し工具(正式名は知らない)だ。これうちにあるなぁ。
試しに当ててみると使えるw
無事にカートリッジカバーが外れる。

まだカートリッジは注文してないので、このまま一旦、元通り締め直す。
カートリッジはアマゾンで売ってるが値段は4500円ほど。まぁまぁ高いな。
よく製品を見ると、ゴムパッキンがついてる。

「これだけ替えればいいんじゃね?」

締め直した水栓はポタポタの回数がちょっと減ってる。
このゴムパッキンが劣化してるだけなら、これ替えれば直るかもしれない。
これだけならばお安く直る。

ちょっと近所のホームセンターでも見てくるかな。
というとこで今日の作業はおしまい。

この記事へのコメント